故人の思い出の品を整理して供養する

家庭環境

社会構造の変化による故人の遺品処理

近年は、少子高齢化が進展する中で、遺品整理サービスを行う業者が増加してきました。昔は、多くの子供があったため、高齢によって故人となっても、近傍に、子供といった親族があったため、その親族が故人の遺品整理を行ってきました。しかし、核家族化、及び少子高齢化によって、高齢となった両親や、親戚が近隣に居住していないケースが増えてきましたので、その遺品整理を行うことができず、場合によっては、家屋も数年間放置した荒れ果てた状態にあることも珍しくありません。そのような時代背景を踏まえて、産業廃棄物収集運搬業者の中で、遺品整理事業に進出する業者が増加してきました。これらの業者は、産業廃棄物収集運搬業の許可を取得していますので、遺品整理に必要な一般廃棄物収集運搬業の許可も有していますので、法制面においても、問題ありません。今後も、遺品整理を生業とする業者が増加する可能性は、高いと考えます。

遺品整理における今後の将来展望

このような社会構造の変化により、遺品整理の依頼は、増加傾向にあることが予想されます。しかし、心ない業者によっては、遺品の分別を疎かにしたり、遺品を不法に投棄したりするケースもあります。もし、不法投棄が発覚しますと、依頼主にも、5年以下の懲役、もしくは1000万円以下の罰金といった罰則規定に抵触することになります。そして、亡くなった故人のためにも、明朗会計による事前見積に基づいて、故人が愛用されたかけがえのない思い出の品々を丁寧に分別して、ご遺族に引き渡したり、適切に処分することが大切なことです。そして、遺品の中には、室内だけでなく、室外のものもありますので、そのような大型の家財品も、マニフェストに準拠して、適切に処理されることになります。今後も、さらなるサービスの向上により、社会からの要請が高まっている遺品整理業者も、より良いサービスの提供が期待できます。