故人の思い出の品を整理して供養する

注意点

遺品整理について注意すべき点

遺品整理とは、人が亡くなったときに故人の財産や生活していた物品を整理することです。まずは複数の業者に見積もりを取るなどしっかりと情報収集をしておくことが必要です。注意すべき点としては、不用品の処理などの料金は別算定なのかや出張費なども払う必要があるのかなどを確認しておきます。 さらに、遺品整理の際にはできるだけ立ち会うことが必要です。親族の方でしっかりと同意しておくことも必要です。なぜなら、遺品の中から多額の現金が出てくる場合など、それらの処分に困ったり親族の方でいがみあったりすることが考えられるからです。 賃貸住宅に故人が住んでいた場合は、退去期限もありますので、大家さんともしっかり打ち合わせをしておく必要があります。

知っておくと良い情報

遺品整理を行う業者は、遺品整理の専門業者だけでなく宅配業者やリサイクル業者、引越し業者などさまざまな会社がそれを事業にしています。なぜなら、急速な高齢化や核家族化の進展により、遺品整理というサービスの社会的需要が増えているからです。 自分が住んでいる地域以外の場所で遺品整理を行う場合は、業者を探すことが大変難しいです。その場合は、年数が古かったり処理件数が多かったりする業者を選ぶと、信頼できる業者を選択できます。 生前から故人やその故人をとりまく周囲との関係性を築いておくことも、大変重要です。遺品整理には故人の遺志も考慮したほうがいいですし、いざということがあった場合に、近所で交友のある方は頼りになるからです。