故人の思い出の品を整理して供養する

PICK UP

業者に任せる

忙しい現代人に代わって面倒な遺品整理をこなしてくれる業者がありますが、これを使うことで仕事や自分の家庭に大きな支障を来さないような暮らしが可能になってきます。困ったときはプロへ相談して下さい。

掃除

そう頻繁に行かないお墓ですが、屋外にある場合は定期的に掃除をしなければ汚れてしまいます。そのまま劣化するまえに墓石クリーニングなどの業者を利用して綺麗な状態を維持できるようにしてください。

家庭環境

昔と現代では大きく生活様式などが変化しています。田舎から都会へ出る若者が多くなったおかげで、親の遺品整理などの問題が発生すると苦労する人が増えています。しかし、最近では遠方からの依頼も引き受けてくれるような遺品整理の業者が多くなってきています。

Featured Article

注意点

遺品整理は様々な業者が行っていますが、全てが思った通りになるというわけではありません。業者ができる範囲のこと、できないことを理解した上で遺品整理業者へ依頼して対応するようにして下さい。

プロへ依頼

業者への依頼する際のポイント

遺品整理を業者に依頼する場合は、まず見積もりに来てもらう必要があります。遺品整理業者は故人の遺品がどの程度あり、どこに存在するのかを実際に見て、作業に必要な人数と時間から見積もりを算出します。また、遺品の中に残しておきたい物と捨てる物を分別する必要があるので、事前に残したい物と捨てる物の判断を済ませておくと効率的に作業を行うことができます。さらに、どこにあるのか分からない遺品がある場合、事前に業者に伝えておくことで、作業をしながら探してもらえます。業者を選定する際のポイントとしては、見積もり算出時にどの程度まで注文を聞いてくれるか、営業年数が長いかどうか、見積もりに来た人が作業時に立ち会うのかを確認すると良いです。

自分でやるべきか業者に依頼するべきか

遺品整理を業者に依頼する方には、次のような方がいます。1.故人が賃貸物件に住んでおり、近々退去しなければならない。2.自身が遠方に済んでいて、作業に時間がとれない。3.量が多くて自身だけでは作業が難しい。などがあります。1の場合は、遺品だけを置いていても家賃が発生してしまうので、業者に依頼をして家賃を節約するという考えで、2や3は時間や人手が足りないので、依頼をするというパターンです。遺品整理には、故人の思い出とふれあうことが多々あるので、できれば十分に検討して決定したいところです。業者によっては遺品を単なる不要品として乱暴に扱ったりすることもあるので、注意してください。また、現実問題に直面する場合には業者に依頼することも手段の一つとなります。